バナナ 便秘

 

便秘予防効果がとても高いバナナ。デメリットに注意して摂取しよう

バナナには整腸作用のある栄養が豊富に含まれているため、便秘予防のために食べることは理にかなっています。

 

豆知識

 

バナナには水溶性と不溶性の食物繊維が含まれていることも特徴です。水溶性の食物繊維の働きで、糖質が腸へと吸収されるのを遅らせて、血糖値の上昇も和らげる効果があります。不溶性の食物繊維には、腸の蠕動運動(せんどううんどう)を活発にさせる働きがあります。

 

バナナに含まれるオリゴ糖には、優れた整腸作用があり、腸内の善玉菌の活動を助けてくれる働きがあります。さらに、ヨーグルトと一緒にバナナを食べれば、便秘予防のための効果は非常に高くなります。

 

毎日の習慣として食べるようにしていれば、慢性的な便秘を解消することも十分に可能となります。

 

ただし、注意したいのは…

便秘予防の効果がとても高いバナナですが、糖質はとても高めです。過度に食べ過ぎれば太りやすくなる場合もあります。

 

バナナの房

 

また、バナナには体を冷やす作用があることもデメリットの一つです。運動不足で冷え性の症状がある人は、食べるときには注意が必要です。食べ過ぎて体温を下げてしまうと、かえって便秘解消のためによくありません。

 

バナナを食べた後には、適度な運動をするなどして新陳代謝を活発にすれば体が冷えにくくなり、腸の活動も刺激することができます。女性の場合には冷え性と便秘で悩むことが多いはずですから、生姜などの体を温める食べ物と一緒に食べるようにする配慮も必要です。

 

以上のように、メリットもデメリットもあるのがバナナですが、やはり、便秘予防にはおすすめといえます。ただ、バナナだけで完全に便秘が解消されるわけではないので、あわせて乳酸菌もおすすめします。むしろ、乳酸菌のほうが便秘の悩みにはメジャーですよね。

 

乳酸菌の場合、よく言われるように生きて腸に届かないと、あまり意味がありません。それには、このような形で、効率よく取り入れていくのが理想的です。特に、ヨーグルトやバナナの糖質で太りたくない方や、冷え性が悩みの人には、この方法がおすすめです。

 

運動時に必要な糖質をすぐに補うためにも、バナナは積極的に食べたほうが良いのは明らかです。食べ過ぎればデメリットがあるのは他の食材でも同じことですが、適度に食べれば体にとって有益となります。

 

糖質制限をしている人でも、バナナを食べて最低限の量は摂取したほうが体のためになります。便秘を解消させるためにも、体にエネルギーを供給するためにも役立つ果物ですから、賢く利用することが大切です。1日に2本程度を食べる分には、ペクチンの働きで糖質の吸収を抑制させる効果もあるため、太ることを気にすることはないという意見もあります。

 

 

便秘に効果のあるバナナ料理のレシピ

バナナ

便秘には「食物繊維」が効果的なのは、一般によく知られています。食物繊維は腸内環境を改善し、スムーズな便通を促してくれます。そして、便秘に効果のある食べ物として有名なのがバナナです。特に、熟しきっていないバナナには「レジスタントスターチ」と呼ばれる、食物繊維によく似た成分が含まれており、腸内の悪玉菌を抑制し、善玉菌が増えやすい環境を作ってくれるため、便秘解消に大いに役立ちます。バナナを毎日1〜2本食べることで、便秘の改善が期待出来ます。カロリーも低めのため、毎日の朝食として気軽に摂取することが出来ます。

 

もちろん生のまま摂取するのも良いのですが、バナナを使ったおすすめのレシピもあります。例えば、「焼きバナナ」はバナナの実にオリーブオイルを塗り、フライパンまたは電子レンジで加熱するだけのお手軽レシピです。生のまま食べるのと異なり、体が冷えにくいのに加え、腸の働きがより活発になるため、便秘解消にはもってこいの調理法です。また、夏の暑い季節にはひんやり冷たい「バナナヨーグルト」もおすすめです。ヨーグルトに多く含まれる乳酸菌との相互作用で、より高い便秘解消効果が期待出来ます。手軽に作れるため、毎日の朝食に最適です。

バナナは便秘解消に逆効果。むしろ便秘になるという説

バナナは、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消に効果があると言われています。体に熱がこもりやすく、便の水分が少なく、固い場合は、体を冷やす効果の高いバナナは効果的です。

 

しょうが紅茶

バナナを食べ続けているけれど、3日以上食べても排便がしないと悩んでいる人も大勢おられます。冷え性の体質の人はバナナを食べると、胃腸が冷えてしまい、腸の働きが悪くなってしまうので逆効果になる場合があります。冷え性の人は体を冷やす食品を食べると、便秘が悪化してしまうので、逆効果になってしまいます。冷え性の人は、しょうが紅茶などの体を温める飲料を飲むようにしたり、消化、吸収の良い食品を食べるようにしたり、食物繊維が豊富に含まれているごぼうやさつまいもなどを食べるようにして下さい。

 

バナナは、亜熱帯地方で栽培されている果物なので、体に熱がこもりやすい体質の人には向いています。バナナにヨーグルトなどの乳酸菌が豊富に含まれている食品を食べるようにして下さい。便秘がちな人は、食生活や生活習慣を改善するために努力をするようにしたり、便意を感じた時は我慢をせずにトイレに行く習慣を身に付けることも大事です。
バナナは便秘解消に効果の高い食材ですが、体質によっては逆効果になる場合があるので、注意して下さい。

赤ちゃんにバナナを食べさせると便秘になる?

赤ちゃん

バナナは栄養価が高い食べ物で、食物繊維も含まれますが、赤ちゃんに食べさせる場合は便秘が心配です。過剰にバナナを食べさせなければ問題はありませんし、赤ちゃんの成長に役立ちますから、提供を食べさせる事が大切です。便秘になる原因は様々で、水分量や食べ過ぎも影響しますから、バナナを食べさせた赤ちゃんが便秘になっても、バナナが絶対的な原因とは考えにくい事です。

大切なのは赤ちゃんの状態を見た食事ですし、日頃からの体調管理が重要ですから、便秘や便の状態が役立つ情報になり、赤ちゃんを見守りながら健康を実現する方法です。便秘は体調状態を知るための情報源で、直前の食べ物も影響しますから、バナナを食べた直後に便秘をした場合も、原因を断定せず様子を見ます。食欲旺盛な事は好ましく、赤ちゃんの成長に欠かせない事ですが、欲しがる物を無制限に食べさせる事は無責任で、節度ある食事がバナナにも必要です。バナナが直接的な便秘の原因となる事はなく、食べる量や食べ合わせも複雑に絡み合うので、赤ちゃんに異常があり医師から止められない限りは、適量を食べさせる事が栄養になり成長に役立ちます。色々な食べ物を与えるのは、味覚の成長にも良い影響を与え、人間として総合的な成長になります。

便秘を解消して、カラダの健康を! 関連サイトのご紹介

おすすめの乳酸菌サプリ。便秘など、様々な効果があるスグレモノ! 今、話題のサプリメントが乳酸菌。ヨーグルトでは全然足りない乳酸菌を効率よくカラダに。口コミでもおすすめの安いのは・・・
便意がない 高齢者がお腹が張る、腹痛がすると便秘を訴え・・・。便意がないときの対象方法について